記事一覧

フェイスブックが原宿にカフェ セキュリティー意識の“甘さ”でスイーツの甘さも変動⁉︎

アップロードファイル 10-1.jpgアップロードファイル 10-2.jpgアップロードファイル 10-3.jpgアップロードファイル 10-4.jpg

フェイスブック ジャパンは日本語版サービスの誕生11周年を記念して、日本初のポップアップカフェ「フェイスブック カフェ(Facebook Cafe)」を5月17〜19日の3日間限定でオープンする。場所は東京・原宿のハワイアン&メキシカンカフェ、アロハアミーゴ原宿。プライバシーとセキュリティー設定の理解度診断を実施し、オリジナルスイーツを無料で提供する。理解度の“甘さ”によって提供するスイーツの甘さを変えるなど、デジタルリテラシーを楽しく学べる仕掛けを用意する。同社社員によるフェイスブックとインスタグラムのプライバシー・セキュリティー設定に関するQ&A企画も予定している。

 17日のオープン初日は、開業を記念したメディア向けイベントが開催された。フェイスブック ジャパンの小掘恭志・公共政策統括は、「われわれはプライバシーやセキュリティーの正しい知識を得てもらうための複数のプロジェクトを実施してきた。今回のポップアップカフェもその一つだ」と語った。またデジタル施策のコンサルなど行うクロサカタツヤ氏と、雑誌「ハイアーマガジン(HIGHer magazine)」のハル(haru.)編集長をゲストに迎えたトークセッションも行われた。

 同日には一般に先駆けた体験会も実施され、記者も理解度診断を体験。診断シートに記された5つの質問に「はい」か「いいえ」で回答し、シートをスタッフに渡すとオリジナルメニューが提供された。記者の回答は「はい」が4つで、理解度は上・中・下の3段階評価で「中」。スイーツは、“中くらいの甘さ”に味付けされたキャラメルチョコレートのパンケーキだった。

ガーリーな世界がさく裂 エレン・フォン・アンワースが「フランフラン」のキャンペーンを撮影

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.jpgアップロードファイル 9-4.jpg

インテリア雑貨大手「フランフラン(FRANCFRANC)」の2019年春夏ビジュアルキャンペーンが1月25日にスタートする。同ブランドは、ランウエイでおなじみのトップフォトグラファーであるエレン・フォン・アンワース(Ellen Von Unwerth)を起用し、昨年秋に都内スタジオで撮影を行った。彼女は“都会でコンパクトに暮らす女性たち”をテーマに撮影。「フランフラン」のインテリアでコーディネートした家に住む2人の女性の姿を捉えた。インテリアだけでなく、モデル2人はビジュアルの中で同ブランドのパジャマやエプロンなどを着用している。

「フランフラン」の顧客の大多数が女性であることから、メイクやファッションを楽しむように部屋のコーディネートやデコレーションを楽しんでほしいという思いで制作した。その世界観を表現できる写真家としてフォン・アンワースの起用に至った。フォン・アンワースは「(『フランフラン』の)カラフルでガーリーな世界観に共感している。撮影したビジュアルを見て、こんな風に暮らしたいと思ってもらえたらうれしい」と述べた。彼女が撮影中に見つけたお気に入りアイテムはフラミンゴのマッサージャー“ルルド リラミンゴ”だそうだ。コケティッシュでガーリーな魅力あふれる新ビジュアル4種類はショッパーにも採用される。

高級腕時計メーカー「タグホイヤー」の極上スマートウォッチが登場

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpg

タグホイヤーのスマートウォッチ!?

タグホイヤーという腕時計メーカーは、誰しもが知っているほどのビッグネームです。そのタグホイヤーが、スマートウォッチを販売していることはご存知でしょうか。

今回ご紹介するのは、日本円で15万円を超えるスマートウォッチ「Connected Modular」シリーズです。
そもそも、「10万円台のスマートウォッチって何なんだ!」、そう感じている読者の方もいるはずです。

Connected Modularはその名の通り、モジュラー式を採用しています。ベルト、文字盤、ケースなどを顧客の要望に応じて数十種類の中から組み合わせるというもの。この中にはチタニウム、18Kピンクゴールド、そしてダイヤモンド装飾付きのものまで!

ベルト素材もメタルから天然皮革まで選択することができます。
このConnected ModularはAndroid、iOSに接続できるのはもちろん、スマートスピーカーで話題のGoogleアシスタントも搭載しています。

そしてこの度、Connected Modularは新作モデル「41」を発売しました。前作の「45」はボディーの直径が45mmでしたが、今作は41mmと小さくなっています。ですが一方で、ROMとRAMの数値がともに倍になっています。さらにConnected Modularは、NFCを搭載しています。電子決済も、この時計があればスムーズにこなすことができます。

Connected Modular 41は、公式サイトでは15万1200円という値段がついています。ただし先述の通り、この製品はモジュラー式のため、パーツの組み合わせで価格が変わるようになっています。

スイスの時計メーカーが本腰を入れてスマートウォッチを開発したら、こんなものができました! お金に余裕があったら欲しいかも……?

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ